海外赴任がある仕事に就いているなら予め英字のサイン署名を作っておくことをおすすめします。
それは海外では日本みたいに「ハンコ」なんてないからです。
日本のハンコの代わりになるのがサイン署名なんです。
まあ漢字の署名サインでも大丈夫っちゃあ大丈夫なんですが、「郷に入れば郷に従え」でやはり英字のサイン署名を使うほうがなにかと物事がスムーズに運ぶと思います。
例えば海外赴任してすぐに現地での
スマホの契約
銀行口座の開設
自動車の購入
免許証の取得
など赴任してすぐにサイン署名が必要なケースってたくさん考えられます。

ところが海外赴任前に慌てて自分の英字のサイン署名を作っても困ることもあります。
それは自分の英字のサイン署名をスラスラと書けるようになるには少し時間と練習が必要だからです。
自分の名前を英字でサイン署名はカチッと形を固めておかないといけません。

海外赴任で使うサイン署名ってどんなケース?

日本にいるとあまり重要性は感じないサイン署名ですが海外赴任での現地生活ではきっとたくさん遭遇するんです。

小切手にサインする

海外では小切手を使うことも少なくありません。
日本だと「小切手」={高額な取引」という印象がありがちですが海外ではそうでもないのです。
「家賃の支払い」からなんと「税金の支払い」や「給料の支払い」にまで小切手が使われているのです。
海外では銀行口座開設時に小切手帳(CheckBook)を作るのはかなり簡単にできます。
また他人から受け取った小切手を自分の口座に入金する場合も小切手に裏書でサイン署名するのは日本と同じです。

クレジットでの買い物でサインする

日本でも区jレジっとカードは近年急速に普及していますが、海外では以前から普及しています。
クレジットカードでの買い物は当たり前です。
買い物をカードで支払う場合サイン署名が必要になる場合があります。
買い物金額や店によってはサイン署名が必要でないケースもありますが、こおあたりは日本と同じです。

契約関連書類へのサインする

当たり前ですが海外にハンコという制度がありません。
ですので日本で考える印鑑が必要なものは全てサイン署名になります。
もちろんこれは仕事上の契約書においてもです。
仕事上に限らず生活面でも先に述べたように
・スマホの契約
・銀行口座の開設
・自動車の購入
・免許証の取得
などサイン署名が必要なケースはたくさなります。

海外赴任で困ることもあるサイン署名の問題

海外における書類に名前を書く場合においては二通りあります。
ひとつは「Print Name」
そしてもうひとつは「Signature」という項目名で分かれています。

Print Name (Printed Name)

名前を記載する欄です。
この場合は読みやすいようにブロック体でハッキリと書きます。
サインではフルネームが判断できないので、別途名前を記載するこの欄があるのです。
Your NameとかFirst Name / Last Nameなどの分かりやすい項目名の場合も多いです。

Signature

サインを記載する欄です。
自分で決めたサインを書きます。
日本でいうまさしく印鑑ハンコの意味合いがあります。

サイン署名は漢字でもOK!でも現地の人には読めない?わからない?


サイン署名は原則的には漢字でもOKです。
でも、逆の立場になって考えてみてください。
なにかの書類にハングル語やアラビア語でサイン署名されていたら貴女には読めませんし何が書いてあるのかわかりません。
おそらくなにかの殴り書きみたいに感じるでしょう。
それでは現地の方も困ることが多いのです。

普通にローマ字で書いてもOKだけれど危険性も大きい

普通にローマ字で書くサイン署名も有効ですが、それでは不正使用の危険性が高まります。
それは簡単に真似されてしまうからです。
欧米の方はみんな自分のオリジナルのサインを持っていて簡単には真似ができなくなっていて、だからこそサインが有効なんです。
親切な欧米人ならきっと「変えた方がいい」とアドバイスも貰う場合もあるくらいです。

「サイン署名」=「実印」
そんなイメージを持ってください。
あなたの書いたサイン署名が簡単なものなら、大事な書類に三文判を実印代わりに使っているようなものです。

簡単で綺麗にサイン署名を書くくらいなら漢字で書いた方がいい

海外ではサイン署名はとても重要なものです。
ローマ字でブロック体で書くくらいなら、まだ漢字で書いた方がマシです。

海外赴任先で恥をかきたくないならオリジナルのサイン署名を持っておくべきかも?

海外赴任先の生活でたくさんサイン署名する機会が多くなると、サイン署名した書類を現地の人が見て困った顔をするのは少しかっこ悪いですよね。
どうしても自分オリジナルのサインが欲しくなるはずです。

英字筆記体のオリジナルサインを自己流で作れますか?書けますか?

サラサラサラっとかっこよく英字の筆記体のサインを書きたいところですがなかなか簡単ではありません。
まず日本人委はその崩し方がわかりません。
そして、その書き方をマスターするのには時間も練習も必要になります。

サイン署名は重要な証明でもありますからコロコロ変えるわけにもいきません。

おすすめはプロに自分のサインを作ってもらうこと

海外赴任をするようなビジネスマンは超多忙です。
そんな英語で自分のサインを考えている時間なんてありません。
そんな方も増えているせいか?差オリジナルサイン作成のお手伝いをしてくれう会社も誕生しています。
価格も2万円程度が多いですから一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

プリの作ったサインはこんな感じ